行うことができません

第一に、一般人が破産を請求するまでの期間は債務者その人へ対する電話によった借金取り立てと借金のある当事者の住居への訪問による取り立ては違法ではないということです。

さらに、自己破産申請の手順に進んでから提出までに手数がかかる場合では債権保有人は無作法な集金を行ってくる危険がアップします。

債権保有人側にとっては債務の清算もしないままなおかつ破産などの法的な手続きもしないといった状況であれば団体内で処理をなすことが不可能だからです。

その上、債権人の一部には専門家に依頼していないと知ったなら、かなり厳しい回収行為に出る債権人も出てきています。

司法書士法人か弁護士の人に相談した場合は、個々の債権保持者は当人に対して直接要求を行うことができません。

要請を把握した司法書士の方や弁護士の担当者は要請を任されたと記載した通知を各取り立て会社に送ることとなり、確認したのなら債務者は取立人による徴集から免れることとなります。

ここで、取り立て業者が勤務地や親の家へ訪れる集金は借金に関する法律のガイドラインによって禁止となっています。

金貸しとして登録を済ませている会社であれば職場や本籍地へ行っての集金はルールに反するのを知っているので、法に反していると伝えてしまえば法外な取り立てを継続することはないと考えます。

自己破産の申請の後は申請人にあてた返済要求を含めて、例外なしに返済要求行為は禁じられます。

よって、債権者による集金行動がまったく消えてなくなるわけです。

とはいえときどきそういったことを分かっているのに接してくる業者もゼロとは考えられません。

登録してある企業であれば、破産の申請の後の返済請求が貸金業法のルールに違反しているのを分かっているので、その旨を伝えれば、徴集を維持することはないと考えられます。

といっても、ブラック金融と呼ばれる登録外の取り立て業者に限ってはこの限りとはならず危険な返済要求などによる被害事例があとを絶たない情勢です。

ブラック金融が取り立て企業の中に存在する場合はどんな理由があれ弁護士の会または司法書士法人などの法律屋に相談するようにする方がいいと考えます。

Link

Copyright © 1996 www.gametochange.net All Rights Reserved.